ダイエットで減量する秘訣TOP > ダイエットで痩身になるには?

ダイエットで痩身になるポイント

ダイエットで痩身になるには、トップページで解説しているように、ホメオスタシスの反撃を食らわないことと、ストレスを掛けすぎないことが大事です。

これを実現することができれば、ダイエットで痩身になることが可能になります。具体的にいうと、きちんと食べましょう!ということです。それと、ストレスを掛けずに、マイペースでダイエットで減量していきましょう!ということですね。

ダイエットで痩身になるというと、何を勘違いしてか、ひたすら食事を我慢している女性がいます。CMや雑誌のスレンダーなモデルを意識しているのでしょうか?彼女たちが食事制限によって、スリムな体型を維持していると錯覚しているのです。

でも彼女たちがダイエットで痩身を維持している方法は、むしろしっかりと食事を摂り、その上で筋肉に刺激を与え続けているのです。その結果が、あの美しいプロポーションなわけですね。それを勘違いして、食べなければ、彼女たちのように痩せれると思い込んでしまうと、ダイエットで挫折する原因になってしまいます。

ダイエットで痩身になるには、1日3食を、適当な間隔を空けた上で習慣づけることです。炭水化物(ブドウ糖)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、水の7大栄養素を1つも欠けることなく摂取することです。栄養バランスがよければ、お肌や髪も美しくなり、また健康を増進することができます。

ダイエットで痩身になるには、このように基礎代謝以上のカロリーを摂取した上で、筋肉を鍛える運動もすることです。筋力トレーニング(筋トレ)ですね。筋トレというと、汗だくになりながら、筋肉痛と闘いながらやる過酷なエクササイズと思っている人がいるかもしれません。でも、無理にやると、やりすぎになって返って逆効果です。

筋トレは、あなたのペースで行なえばよいのです。7秒間だけ静止する筋トレもありますしね。これをアイソメトリクスといいます。これなら10秒以内で筋トレが済んでしまいます。

そして食事制限と筋トレのほかに大切なことは、褐色脂肪細胞の活性化を意識することです。褐色脂肪細胞とは、脂肪を燃やして減らしてくれる、良質の脂肪細胞。溜まっていく脂肪のことを白色脂肪細胞といいますが、それを減らしてくれるのです。

褐色脂肪細胞は、背中(肩甲骨の間)や脇の下、腎臓や心臓の周りなどに分布しています。ごくわずかな場所にしか存在しない、貴重な脂肪細胞といえます。筋肉細胞内では、ミトコンドリアで脂肪酸が燃焼しますが、それと同じような仕組みが備わっています。

このようにダイエットで痩身を実現するには、褐色脂肪細胞の力を借りたほうが簡単にいきます。なぜなら運動とは違って、とくにエクササイズをしなくても、勝手にカロリーを消費してくれるからです。

テレビなどで大食い選手権ってありますよね?そこに出場している選手には、痩せの大食いの人がいます。こういった人は、褐色脂肪細胞が発達していると考えられるのです。

ダイエットで痩身になるために褐色脂肪細胞を活性化するには、寒い環境や冷たい環境に身を置くことが効果的です。かといって寒すぎては風邪を引いてしまいます。また冬にならないと、あるいはクーラーを付けないかぎり、そのような環境は作りづらいといえます。

そこで冷水のプールに通うか、冷たい物を握る習慣をつけると、褐色脂肪細胞が発達し、細胞の数が増えるといわれています。軍手をして氷を握るといいかもしれません。

水泳をすると、体温が奪われるために、褐色脂肪細胞が必死になって体温を上げようとします。これは恒常性維持機構のためです。ミトコンドリア内で白色脂肪細胞を燃焼することによって、体温を上昇させるのです。

ですから水泳をしている人は、褐色脂肪細胞がすごく発達していて、通常の人よりも基礎代謝が高くなります。シンクロナイズドスイミングの選手は、たくさん食べないと空腹に耐えられなくなるほどのカロリー消費であると聞きます。このような状態になってしまえば、好きなだけ食べ放題でも、まったく太らないわけです。ただし、食費がかさみますが・・・。

ダイエットで痩身になるには、しっかり1日3度の食事を摂りながら、筋トレに励み、さらに褐色脂肪を増やしていくことが、大事なポイントになります。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)

体重を落とす方法の注意点とは?

体重を落とす方法は、ゆっくりと進めていくことが大事です。もしも急激にダイエットで減量しようとすると、その内実は筋肉の減少であることがほとんどだからです。脂肪細胞よりも筋肉細...

楽しくダイエットする大切さ

楽しくダイエットする・・・これこそがダイエットで失敗・挫折するリスクのない方法となります。世間の多くのダイエット法を見ていると、辛いのを我慢するやり方が多いような気がします...

下半身太りを解消するには?

下半身太りを解消するには、普通にダイエットしていたのでは、なかなかうまくいかないものです。洋ナシ型といわれるように、下半身のほうが特に太くなっているのですから、一工夫が必要...

腹痩せする方法って?

腹痩せの方法を考える場合、男性と女性とでは対策法が違ってきます。男性の場合は、内臓脂肪でお腹が膨れていることが多いです。それに対して女性の場合は内臓脂肪よりも、皮下脂肪によ...

ダイエットは朝食の摂取が大切

ダイエットは朝食がとても大切な位置づけになります。朝食をしっかりと摂っている人は、痩せやすい体質になり、朝食抜きダイエットをしている人は、どんどん太りやすい体質になっていきます。 ...

ダイエットと冷え性の関係とは?

ダイエットで減量しようとするとき、冷え性や低体温だと、どうしても不利になってしまいます。ダイエットでは冷え性は大敵です。体温が低いということは、筋温や内臓の温度が低いことを...

痩せる体質になるには?

ダイエットで減量するには、そのつど体脂肪を落としていくという考えも大切ですが、根本的に痩せる体質になったほうが楽です。そのつど体脂肪を減らすとは、ちょっと食事制限をしてみた...

激太りのダイエット法と注意点とは?

激太りのダイエットは、慎重に行なわないと、一旦やせてもリバウンドという結果を招くことになります。まず、なぜ激太りしたのでしょうか?答えは簡単です。摂取カロリーが消費カロリー...