ダイエットで減量する秘訣TOP > ダイエットで痩身になるには? > 腹痩せする方法って?

腹痩せするためのポイントとは?

腹痩せの方法を考える場合、男性と女性とでは対策法が違ってきます。

男性の場合は、内臓脂肪でお腹が膨れていることが多いです。それに対して女性の場合は内臓脂肪よりも、皮下脂肪によってお腹ポッコリになっていることが多くなります。

つまり女性の場合は、指でつまめる部分が多いわけですね。脂肪を指でつまめるということは、腹筋の外側に脂肪細胞が付いているということになります。

女性の場合、いったん皮下脂肪がついてしまうと、腹痩せしたくても、なかなか落ちづらいといわれています。それはなぜでしょうか?一言でいえば、女性は筋肉量が少ないからです。女性でも男性ホルモンもテストステロンを分泌しています。そしてテストステロンは、筋肉増強作用があります。

ただし女性の場合、テストステロンの分泌量が男性の20分の1程度となっています。いいかえると男性の20分の1しか、筋肉が付かないわけですね。これが女性は、筋トレをしたからといって、ムキムキにならない理由です。

おなかの脂肪に限らず、二の腕やヒップ、ウエスト、背中、太ももなどの皮下脂肪はそれだけでは、なかなか減っていきません。なぜなら脂肪細胞は、筋肉細胞のなかにあるミトコンドリアで燃焼するからです。

女性は元々筋肉量が少ないために、よほど運動によって鍛えていない限り、どうしても皮下脂肪が燃焼しづらくなるのです。つまり、一旦付いてしまった皮下脂肪は減りづらいわけです。これは腹痩せにおいても同様です。

おなかに一旦ついてしまった脂肪は、普通のダイエットをしていては、なかなか落ちてくれません。普通、女性がダイエットしようとすると、まず食事制限から入ることが多くなると思います。でも、これは最もいけない方法です。

なぜなら極端な食事制限(食抜きダイエットなど)をすると、カロリーが不足してしまいます。すると脳のための栄養素を作り出すために、筋肉が分解されていくからです。これをカタボリックといいます。そうなると、ただでさえ少ない筋肉が、ますます減少していって、かなり深刻な「太りやすい体質」になってしまうことに。

お腹が痩せる方法は、以上のことから、まずは筋肉を付けることが大前提となります。とくに腹筋がポイントになります。腹筋をつけただけで、それがコルセットのようになり、部分痩せしたように見える効果もあります。

そのほか腹痩せを目指すのですから、腹筋をつけることは当然です。腹筋がつけば、その上に乗っている皮下脂肪にも、良い影響が及ぶはずです。つまりおなかの皮下脂肪が熱を帯びてくるので、脂肪を分解しやすくなると考えられるのです。

腹痩せ方法でオススメは、腹筋に刺激を与えた後で、有酸素運動を行なうという方法です。そうすれば腹筋運動をした時点で、皮下脂肪が分解されています。そのあとにウォーキングなり、ジョギングなりをすれば、すぐに脂肪を燃焼していけるのです。

室内で有酸素運動するなら、踏み台昇降でもいいし、ステッパーやエアロバイクでもいいでしょう。女性の場合はウォーキングマシンを買ってしまうというのもいいですね。特に夜間の一人歩きは、女性のとっては危険です。そのため、思い切って買ってしまうのもいいと思います。

腹痩せの方法としては、湯たんぽを使って、お腹周辺を温めるのもいいと思います。おなかを温めた後に、有酸素運動をすれば、お腹周辺の脂肪が特に燃焼する可能性があります。